百花物語こども花教室 blog

栃木県足利市・佐野市の子ども花教室。幼稚園や学童保育での課外教室、「伝統文化親子教室(文化庁委託教室)」を運営。

こども花教室2024年度の作品展、終了しました!

2024年5月19日(日)10:00~15:30、無事に終了しました。

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240522113023j:image

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 百花物語こども花教室 (@yasuko.tamasa)

無事開催・終了できたことは360°見渡す限りの方々の協力があったから。そのお気持ちをいただけたからです。『ありがとうございます』としか言いようがありません。開催までも、ありがとうございます!の日々。設営と撤収も『よろしくお願いします』『ありがとうございます』。人手が足りなくて、見にきた人に撤収に参加してもらっちゃいました。どうもすみません(ありがとうございます)。

 

作品展は言うまでもなくこどもが主役。から、自分のこととして参加して、共に考えて欲しい。そんなコンセプトをもった作品展でした。ネームホルダーの数だけ、こどもがスタッフとして入ってきました。一緒にお昼を食べて同じように動く。とても頼もしい依存。教室が9年目となると中学生も在籍しているので、フットワークよく動いてくれます。それを見た高学年、高学年が大好きな低学年が一緒に後をついていく。

いただいたお菓子をバックルームですごい勢いで食べていましたが笑、それもよし。唐揚げを10個食べてもいいです。頑張ってくれたもん。

こどもが自由に考えて動ける環境を作ってくれたのは協力してくれた保護者の方々。こどもの気持ちを理解してるし、行動パターンも知ってる笑。

何が欠けても開催できなかった思います。本当にありがとうございました!佐野商工会議所にも感謝申し上げます!

 
 
 
 
 
 
 
 
4件以上
 
 
 
 
 

作品展の準備、着々と!

こどもたちの花器も決まり、本番さながら花を生けています。

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511111723j:image

裏庭の竹を使い花器を作った子

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511111754j:image

剣山を隠し、季節の爽やかさを出すためにビー玉を使う子

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511111836j:image

さらっと、すっと生ける子

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511111957j:image

ガラスの靴に生ける子

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511105322j:image

中学生も

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511183538j:image

ビー玉を使って涼やかに生ける子も

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240511183752j:image

変形花器の子も!

 

みんな頑張っています!作品展を行うことで、緊張感を持ってお稽古ができることはとても嬉しいこと!細かなところに気づき、手を入れていく姿を見ると、涙が出そうになります。

作品展まで1週間。実行委員として手伝ってくださる保護者の皆さん、お子さんたちに感謝しながら最後の準備をしていきます!

桐生教室スタートします!

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240501212609j:image

こちら、四辻の齋嘉さんには以前からご縁をいただき、よくしていただいておりました。試しにやったみようか?!というところから話が発展して 2024年6月から桐生でも教室をスタートすることになりました。現在、参加者を絶賛募集中です‼︎

⭐︎対象は親子、もしくはお子さん。

⭐︎参加費3500円

⭐︎お手持ちのハサミや剣山・水盤があればお持ちくださいね。

ない場合は申し込みの際、その旨をお知らせくださいね。レンタルがありますので、ご用意します!遠慮なくお申し出くださいね。

申し込みは、四辻の齋嘉の小林さん宛(電話はチラシ記載)、もしくはQRコードからお願いします。百花物語こども花教室のInstagramからでもOKです!

新しい出会いがあることを願いつつ、準備していきますね。どうぞよろしくお願いします。

 

作品展に向けて 一種生けを

2年前の作品展の時に、6年生男子が葉蘭の一種生けに挑戦しました。飲み込みがよくて、こどもでもこんなに上手くできるんだ!と感心したものです(^^)。本当にすごかった!

それを見ていた当時3年生の男子が、僕は次の作品展でアレを生ける!と口にしました。

あれから2年。彼は5年生になり、宣言した通り葉蘭の一種生けで今回の作品展に臨みます。有言実行の人です(^^)
すごいなぁ。

葉を綺麗に拭くところから始まり、自分で陰陽に分けることもできるようになりました。

作品展まであと3週間ほど。私も頑張るから、一緒に頑張ろ‼︎これから先の成長が楽しみです☆


f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240429180718j:image

5/19(日)に作品展を行います!

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240422184817j:imagef:id:kodomohanakyousitu100ka:20240422185932j:image

百花物語こども花教室の作品展の単独開催は今回で2回目。今回も佐野商工会議所の1階をお借りして開催します。出品者は約70名、50作品が並ぶ予定です。

午前10時半からはこどもが先生となり体験教室を開きます。今回のメニューは花束です。好きな花を束ねてラッピングをし、持ち帰っていただきます🌺参加費1,000円〜。担当するのは小学校中学年から中学1年生です。お待ちしています!


f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240422190226j:image

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240422190229j:image

午後13時からはいけばなライブを開催。4組5名のお子さんが登壇。小学1年生から中学生まで。会場にある花を自分で選んでから、15分ほどで完成予定。生けるのは『自由花』。型にとらわれることなく、本人が感じた花の美しさなどを最大限に生かして生けていきます。こどもの感性は瑞々しく見ている大人の心をとらえるはず!今からとても楽しみです。

入場無料。受付にもこどもたちが立ち、お迎えします。

こどもがいける花は、とらわれのない美しさに溢れています。お時間があればぜひ遊びにおいでください!

 

虹の橋を渡るから

f:id:kodomohanakyousitu100ka:20240404114822j:image

6年生の男の子が自分で花を選び、生けた作品です。数日前におじいちゃんがお亡くなりになり、お稽古はお休み中でした。そんな中、写真が送られてきてママの言葉が添えられていました。『お葬式用に息子が生けました。どうでしょうか』

春色の優しい色合いでまとめられた花々。彼の優しい気持ちが溢れたような作品です。こんなに温かな作品に、何も申し上げることはありません。

お稽古だけではなく、学んだことを活かし、大好きだった方を見送る。いざとなったら私にできるのだろうかと我が身を思ってしまいました。

誰かを思う気持ちは、大人だから・こどもだからということは関係ありませんね....。

今年は桜の開花が遅く、ここ北関東も今日あたりからほころんできました。穏やかな春の1日になりそうです。Hくんのおじいちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。